So-net無料ブログ作成
検索選択

絶好調はいつまで続くのか? [株]


結構いい感じですね。

でも、これがいつまで続くか。

でも、強気継続ですので、利益は最大限とらなければなりません。



利益確定と同時に、押し目買いを繰り返して稼ぐ戦法でいきます。

利益確定をこまめにして、違う銘柄の押し目を買う。

やっと、最近できるようになりました。

この上昇局面でかなりとれています。

あなたは稼げていますか?










米国株式市場=ダウ・S&P上昇

NY株
米国株式市場=ダウ・S&P上昇、テクノロジー株は軟調
09/06/13 07:38


                   (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル) <.DJI>
     終値         8799.26(+28.34)
   前営業日終値    8770.92(+31.90)

ナスダック総合 <.IXIC>
     終値         1858.80(‐3.57)
   前営業日終値    1862.37(+9.29)

S&P総合500種 <.SPX>
     終値         946.21(+1.32)
   前営業日終値    944.89(+5.74)
------------------------------------------------------------------------------
 [ニューヨーク 12日 ロイター] 米株式市場はダウとS&Pが上昇。ダウは1月
上旬以来初めて前年末終値比でプラス圏に浮上した。医薬品株などのディフェンシブ銘柄
に買いが入った。ただ、ナショナル・セミコンダクター の業績見通しが失望を誘
ったことからハイテク株は下落した。
 ディフェンシブ銘柄に資金が移るなかでヘルスケア株が買われ、S&P500種指数は
7カ月ぶりの水準に上昇した。医薬品株指数 <.DRG> は1.2%上昇した。プロクター・ア
ンド・ギャンブル(P&G) は1%高だった。
 一方ハイテク株はさえない。ナショナル・セミコンダクターは市場予想を上回る四半期
決算と業績見通しを発表したものの、先に発表されたテキサス・インスツルメンツ(TI)
と比べ見劣りする内容だった。
 ナショナル・セミコンダクターは6.1%安。フィラデルフィア半導体株指数 <.SOXX>
は1.8%下落した。
 ダウ工業株30種 <.DJI> は28.34ドル(0.32%)高の8799.26ドル。週
間では0.4%高。
 ナスダック総合指数 <.IXIC> は3.57ポイント(0.19%)安の1858.80。
週間では0.5%高。
 S&P総合500種 <.SPX> は1.32ポイント(0.14%)高の946.21。週間
では0.7%高。
 S&Pは3月9日に終値として12年ぶりの安値をつけて以降、39.8%上昇してい
る。
  ディフェンシブ銘柄では公益事業株も上昇。ファーストエナジー は3.6%高、
S&P公益株指数 <.GSPU> は1.4%上昇した。
 ハイテク株では、アップル が2.1%安。リサーチ・イン・ モーション(R
IM) も2.8%下落した。
 ニューヨーク証券取引所ではこの日、技術的な問題が発生し約240銘柄について取引
が一時停止した。米東部時間午後零時10分ごろ復旧した。ゼネラル・エレクトリック
、エクソンモービル 、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ) などが
影響を受けた。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。